私のお気に入りホワイトシャビーのアンティークシェルフ。

1917_8415.jpg

 見つけた時は埃やら汚れやらで黒ずんでいたアンティークシェルフですが、この子は必ず素敵に変身するはず!というポテンシャルを感じて、持ち帰って、丁寧にお手入れしたら、やっぱり素敵な子になってくれました!シャビーなペイントの剥げや質感も良いですし、なんといっても、背面の褪せた花柄テキスタイル貼りが「決めて」でした。この部分はカルトナージュパネルになっているため、取り外し可能で、同サイズに切ったカルトン紙を作れば、お気に入りのテキスタイルに張り替えることもできそうです。しばらくの間は、当店のディスプレイ写真用シェルフとして活用させて頂きたく、誠に恐れ入りますが、来月もしくは再来月あたりに、シェルフではありませんが、これまた素敵なホワイトシャビーの抽斗チェストをHPにてご紹介させて頂く予定ですので、シャビーホワイトな小型家具をお探しのお客様がおられましたら、ぜひ楽しみにして頂けましたら嬉しく思います♪

ヴァンセンヌ城のアンティークサロンにて。

IMG_5176.jpg

 ヴァンセンヌ城で開催されたアンティークサロンへ。ヴァンセンヌはパリ郊外とは言え、パリから近く、メトロもRERも通りつつ、ヴァンセンヌの森の美しい自然もあり、私の理想の引越し先候補の一つの町なんです。

IMG_5186.jpg

 前回は、お城のどこで開催されていてどこから入るのだろう?とウロウロしてしまいましたが、今回はメトロの出入り口すぐそばの入場口から。警備の方に「アンティークサロン会場へはここから入るのでしょうか?」と念のため確認しつつ、かなり早く到着してしまったので、荷物検査の場所が開くまで、外のベンチに座って、こんなこともあろうかと持って来ていた本とビスケットで時間つぶし。なんとも長閑な時間が流れます。

IMG_5179.jpg

 いつも招待状を送って下さる懇意のディーラーさんのスタンドで、花柄レースリボンのクッションやプチベア、小ぶりサイズが可愛いピンク色のカードプレゼンテーションパネルなどを頂いてきました♪その他、ノワールにロココリボンが映えるドール用ボネを即決。キュートなドールは状態があまり良くないのがネックで諦め、ハート型のEXVOTOケースも例によって高額で諦めつつ・・・小規模なサロンで、はたして、これから出店者は増えていくのかしら??と、パリ郊外のアンティークサロンやブロカントは大規模のものを選んで訪れている私としては、少し物足りなさも感じましたが、仕入れはまずまず、満足しての帰宅となりました。

IMG_5188.jpg

可愛いミニョネットと白花ガーランドやロココリボンセット

1931_1153k.jpg

パウダーをはたいたかのような白いお顔に、ほんのりピンク色の頬、ブルーの瞳にまっちり睫毛、くるくる巻き毛が、とても可愛らしいミニョネット。

1931_1169y.jpg

こちらは、青い瞳にぱっちり睫毛が丁寧に描かれていて、綺麗なお顔で上品な雰囲気のミニョネット。小さなサイズでちょこんとした姿もとても愛らしいです。

3月仕入れの可愛いフランスアンティークをズラリと♪

1934_0278.jpg

 3月仕入れの可愛い子たちをズラリと♪これからちょこちょことHPや気まぐれ蚤の市にて販売して参りますね。もちろん、画像には写っていないお品も沢山ございます!毎年、毎年、まだ可愛いアンティーク残ってくれている?と不安で始まる買い付けですが、2019年度も順調で、ほっと安心です。それでも、同業者さんと話していると、「昔はたくさん見つかったのにね~」「最近は見ないよね~」というお品があることも事実で、10年後・20年後はどうなっているのだろう・・・と、悲観的に思うよりも、まずは目前の買付けに集中ですね!

paris_5162.jpg paris_5163.jpg

 パリのアンティークショップのショーウィンドウ。当店用に仕入れることはなかなかないのですが、たとえ高額でもスペシャルなお品があれば!と、近くで用事がある時は必ず訪れさせて頂いています。

paris_5150.jpg

こちらはクリニャンクールにて。可愛いかった、子ども用のアンティークチェア。

パリ郊外のブロカントで見つけた、仲良しミニョネット。

1934_0298.jpg

 パリから電車に乗って40分、パリ郊外の大ブロカントにて仕入れた可愛い子二人。同じブロカントの別々のスタンドでそれぞれ見つけたミニョネットですが、なんだかすっかり仲良しな雰囲気♪雨に降られながらの大変な仕入れでしたが、キャリーバッグいっぱいの素敵なお品たちに大満足です。