フランスの田舎町のブロカントへ。

「行って参ります」も言えずにバタバタと慌しい出発となってしまいましたが、
数日間、フランスの田舎の可愛らしい小さな町へ買付けへ行ってきました。

プチプライスの可愛いもの仕入れの予定が、まさかのスペシャルアンティークに
あれこれと出会ってしまいました♪リボン刺繍のお品や、ポワンドガーズの
エヴァンタイユ、天使のような雰囲気のアンティークドール・・・とっても素敵で、
私の元に来てくれてありがとうと、心の中で何度も呟いています!ブロカントには
早く訪れるのがもちろん鉄則ですが、スタンドごとに、品だしも早かったり
遅かったりで、早く到着すれば、まだ品は並んでなく、では後でと訪れれば、
その間に売り切れ、たった数秒遅れで、素敵なお品が目の前で売れてしまった、
苦い経験も数回。スタンドを訪れるタイミング次第では、どの品も購入できてなかった
かもしれないのですよね。早速、ディスプレイ写真を撮影するのが楽しみです♪
また、後日、ブロカントやシャンブル・ドットの写真をご紹介いたしますね!

アンティークのカルトナージュパニエ&ドールヘッドのティーコジー

2016_2987c2.jpg

先日ご紹介の「アンティークのカルトナージュパニエ」を仕入れさせて頂きました、一年に
一回だけパリのブロカントに出店される、エレガントなマダムからのお品、その2は・・・

2016_2590.jpg

こちらの、アンティークティーコジーです。こちらもスペシャルなお品で、ドールの
ヘッドが縫いとめられた珍しいものです。ドールの他にも、スワンの羽飾りに、
ローズ飾り&レース飾り・・・なんてロマンティックなティーコジーなのでしょう♪

その1、その2と続きまして、マダムからのお品はあと2点ございます。残り2点も
スペシャルなお品ですので、ぜひぜひ楽しみにして頂けましたら嬉しく思います♪

パリ最古のパティスリー「Stohrer」と蚤の市で見つけたもの。

paris-5.jpg

創業1730年、パリ最古のパティスリー、Stohrer―ストレール。ルイ15世と結婚した
マリー・レクザンスカが、お抱えパティシエとして連れてきたニコラ・ストレールが開いた
パティスリーなのだそう。有名なババ・オ・ラムやエクレアを横目に、バゲットを購入。
(私の舌には、日本のケーキの方が美味しいと感じるので、あまりフランスでケーキは
買わないのです。。。)弾力のあるもっちりしたバゲットで、良い粉使ってそうだな~
という味でした(←食いしん坊ですがグルメではない人間の感想です。。。)

ストレールを訪れたのが土曜日の午後、午前中はしっかり蚤の市にて仕入れを
頑張りました。ローズ&リボンのテキスタイル、リボン刺繍の可愛いお品や、
ずっと探していたとある品もついに見つかり、ご紹介させて頂くのが楽しみです!

ブルターニュ仕入れのアンティーク

france_4174.jpg

ブルターニュより戻って参りました!

france_4152.jpg

素敵なアンティークが見つかり、まずはほっとしています。
こちら↑の写真のブースでは、私好みのお品を色々並べられて
いらっしゃって、あれこれと買い付けさせて頂きました♪

france_4158.jpg

ブルターニュ仕入れの商品は、特設ページを作って
ご紹介するのはどうかしらと、目下思案中です!

ローズ&リボン柄が可愛いアンティークのカルトナージュ壁掛け小物入れ

2015_8862b.jpg

お気に入りのアンティーク空間を切り取って。

2016_9092.jpg

ローズ&リボン柄の色褪せたテキスタイルがとても可愛らしいカルトナージュ小物入れ。
アンティークレースや布花を飾ると、ロマンティックな雰囲気がたまらなく、あれこれと
お気に入りをディスプレイ&収納するのが楽しくなってしまうアンティークアイテムです。

2015_8847c.jpg

ル・ブーケさまが委託販売して下さいますので、
ぜひ楽しみにして頂けましたら嬉しく思います♪