パリ郊外の骨董市にて。

brocante_4473.jpg

パリ郊外の骨董市にて。少しずつ年末も近づきバタバタと慌しく日々が
過ぎていっていますが、まだまだ可愛いアンティークを引き続き、
ル・ブーケさまにてご紹介させて頂きます!近日中に、新着商品より、
お気に入りのアンティークの画像をお披露目させて頂きますね♪

リボン刺繍のアンティークバッグパーツにレースを合わせて。

2016_5701c.jpg

上品なリボン刺繍が施されたアンティークのバッグパーツ、リボンのお色と優美なラインの刺繍が
とても美しいお品です。カルネ・ド・バル―舞踏会の手帖、嗅ぎ薬ボトル、バルへ向う貴婦人の
必需品を仕舞うバッグでしょうか?19世紀末頃のお品だと思われます。口部分には私の手持ちの
アンティークレースをディスプレイしてみたのですが、よりエレガントな雰囲気になりますので、
おすすめです。ぜひ、お手持ちの素敵なアンティークレースを合わせられてみて下さいませ♪

こちらのリボン刺繍のバッグパーツは、これから委託先ショップのル・ブーケさまにて販売予定です。
他にも可愛らしいお品をたくさんご用意いたしております。秋のインテリアにぜひお役立て下さい♪


アンティークのカルトナージュパニエ&ドールヘッドのティーコジー

2016_2987c2.jpg

先日ご紹介の「アンティークのカルトナージュパニエ」を仕入れさせて頂きました、一年に
一回だけパリのブロカントに出店される、エレガントなマダムからのお品、その2は・・・

2016_2590.jpg

こちらの、アンティークティーコジーです。こちらもスペシャルなお品で、ドールの
ヘッドが縫いとめられた珍しいものです。ドールの他にも、スワンの羽飾りに、
ローズ飾り&レース飾り・・・なんてロマンティックなティーコジーなのでしょう♪

その1、その2と続きまして、マダムからのお品はあと2点ございます。残り2点も
スペシャルなお品ですので、ぜひぜひ楽しみにして頂けましたら嬉しく思います♪

パリ最古のパティスリー「Stohrer」と蚤の市で見つけたもの。

paris-5.jpg

創業1730年、パリ最古のパティスリー、Stohrer―ストレール。ルイ15世と結婚した
マリー・レクザンスカが、お抱えパティシエとして連れてきたニコラ・ストレールが開いた
パティスリーなのだそう。有名なババ・オ・ラムやエクレアを横目に、バゲットを購入。
(私の舌には、日本のケーキの方が美味しいと感じるので、あまりフランスでケーキは
買わないのです。。。)弾力のあるもっちりしたバゲットで、良い粉使ってそうだな~
という味でした(←食いしん坊ですがグルメではない人間の感想です。。。)

ストレールを訪れたのが土曜日の午後、午前中はしっかり蚤の市にて仕入れを
頑張りました。ローズ&リボンのテキスタイル、リボン刺繍の可愛いお品や、
ずっと探していたとある品もついに見つかり、ご紹介させて頂くのが楽しみです!

ブルターニュ仕入れのアンティーク

france_4174.jpg

ブルターニュより戻って参りました!

france_4152.jpg

素敵なアンティークが見つかり、まずはほっとしています。
こちら↑の写真のブースでは、私好みのお品を色々並べられて
いらっしゃって、あれこれと買い付けさせて頂きました♪

france_4158.jpg

ブルターニュ仕入れの商品は、特設ページを作って
ご紹介するのはどうかしらと、目下思案中です!