3月仕入れの可愛いフランスアンティークをズラリと♪

1934_0278.jpg

 3月仕入れの可愛い子たちをズラリと♪これからちょこちょことHPや気まぐれ蚤の市にて販売して参りますね。もちろん、画像には写っていないお品も沢山ございます!毎年、毎年、まだ可愛いアンティーク残ってくれている?と不安で始まる買い付けですが、2019年度も順調で、ほっと安心です。それでも、同業者さんと話していると、「昔はたくさん見つかったのにね~」「最近は見ないよね~」というお品があることも事実で、10年後・20年後はどうなっているのだろう・・・と、悲観的に思うよりも、まずは目前の買付けに集中ですね!

paris_5162.jpg paris_5163.jpg

 パリのアンティークショップのショーウィンドウ。当店用に仕入れることはなかなかないのですが、たとえ高額でもスペシャルなお品があれば!と、近くで用事がある時は必ず訪れさせて頂いています。

paris_5150.jpg

こちらはクリニャンクールにて。可愛いかった、子ども用のアンティークチェア。

パリ郊外のブロカントで見つけた、仲良しミニョネット。

1934_0298.jpg

 パリから電車に乗って40分、パリ郊外の大ブロカントにて仕入れた可愛い子二人。同じブロカントの別々のスタンドでそれぞれ見つけたミニョネットですが、なんだかすっかり仲良しな雰囲気♪雨に降られながらの大変な仕入れでしたが、キャリーバッグいっぱいの素敵なお品たちに大満足です。

19世紀お姫様ドレス、オリジナルタグ付きJPMベア、パリ買付けアンティーク色々。

1949_8866.jpg

 ガーリーなピンク色のお姫様ドレスは、劇場などで使用されたものでしょうか、19世紀時代に仕立てられたアンティークの仮装衣装です。小さい頃、お絵かきするといえばお姫様ばかり描いていた私ですが、アンティークのお仕事を始めてから、18世紀や19世紀の本物のお姫様ドレスを実際に目にするようになり、物語だけにしか存在しなかった、美しいドレスのお姫様の存在が現実だったのだわ~と、小さい頃の自分を思い出したりしています。その横の金色飾りのおリボンは18世紀時代のもの。

1949_7909.jpg

いつも可愛いJPMちゃん、ハート型のオリジナルタグが残ったままの子を見つけました♪

フランス買付け日記*スペシャル柄のカルトナージュボックス#4

1950_4962.jpg

 パリでアンティークショップを営まれている私の大好きなディーラーさんがいらっしゃいまして、ショップを訪問すると、目はアンティークを物色しながら、口はお喋りに夢中で、いつも楽しくてあっという間に1~2時間が過ぎてしまいます。可愛いロココリボンのボネが手に入ったわよと連絡頂き、いそいそとショップへ。もちろん、そのロココボネは確保し、それ以外にも色々仕入れさせて頂いたのですが、中でも「わ!可愛い~!」と心掴まれたのが、スペシャルな柄のカルトナージュボックスです。彼女自身大好きでもう何年も何年も手元に置いていたのを今回ようやくお店に持ってきたのだそう。とある季節のイベントに纏わる柄のカルトナージュですので、そのイベントが近づきましたらショップにて販売させて頂きますね♪ぜひぜひお楽しみに♪

1950_4954.jpg

 さて、アンヴァンテールHPでのアンティーク販売を再開いたしまして4ヶ月が経ちました。当店契約の倉庫とのやり取りも、ようやく慣れてきまして、霧とリボン様でのイベントも無事に終了しましたので、これから少しずつ10周年企画などの準備も進めて参りますね。また、3月はもう一つ東京でのイベントに出品させて頂きますので、また後日お知らせさせて下さいませ。2月3月とイベントが続きまして、なかなか気まぐれ蚤の市が開催できていませんが、こちらも準備が整いましたら開催させて頂きますね!

アンティークレースの標本*ラベル付きのアンティークレースセット

IMG_5973.jpg

 まるでアンティークレースの標本のような、ラベル付きのアンティークレース。美しいモチーフそれぞれに褪せたエメラルド色や金色縁取りの古いラベルが付けられ、番号や手描き文字できちんと分類されてきた、その姿に心惹かれます。蚤の市にて、レースがたくさん詰め込まれた袋を見つけて、ぱっと見た感じでは平凡なレースが大半だったのですが、袋の中のレースをより分けていくと、美しいラベル付きレースがざくざくと出てきたのでした。

IMG_6018.jpg

美しい薔薇のモチーフ。

IMG_6082.jpg

2月の新着更新では、美しいアンティークレースセットも複数ご紹介いたしますね!

フランス買付け日記#3*憧れのアンティークショップさん

IMG_4940.jpg

 買い付けたばかりのアンティーク。アパルトマンへ戻って、バッグからテーブルへ一つ一つ取り出して。花かごのリボンワークパーツは可愛すぎて、自分用コレクションに欲しい~!と、またしても、せめぎあっています。。。見つけたのは、私の憧れのパリのアンティークショプさん。以前、スペシャルなテディベア柄のカルトナージュボックスを仕入れさせて頂いたディーラーさんのお品なんです!おしゃまな表情が可愛いミニョネットドールは、スリーピングアイ♪メルヘンチックな雰囲気のある黄薔薇のラベルの香水瓶は、アンティーク衣装専門のショップさんから。他にも色々可愛いアンティークたくさん見つかっていますよ~。2月の新着更新、ぜひ楽しみにして頂けましたら嬉しいです♪

フランス買付け日記*悲しみのブリオッシュ・トレセ#2

1072_5131.jpg

 買付けの日の朝は早いので、いつも朝食はトラムウェイの待ち時間に、クロワッサンやパンオショコラを食べているパリジャンパリジェンヌたちの横で、私もささっと食べているのですが、今日は、スーパーのブルターニュ銘菓コーナー(?)で見つけたバニラクリームが練りこまれたブリオッシュ・トレセ。見た目はとても美味しそうだったのに・・・。蚤の市では、まだ暗いので、みんなランプで照らしながら品定めしています。知り合いの日本人のディーラーさんと遭遇し、一緒にレースや布物が入っている箱を漁りながら、世間話。可愛い薔薇の刺繍のオモニエールは、当店には少し価格が高くて・・・これどうですか?と、渡し合ったりしているうちに、ようやく明るんできました。

1072_5132.jpg

 今朝の仕入れは少しだけですが、とってもロマンティックな19世紀のジュリエット風ドレスとローズリボンの宝石ケースに大満足です。午後からはデスクワークのため、今日はヴァンヴ蚤の市と古本紙もの市のみ。2月になりましたら、買付けほやほやのアンティークを一足先に幾つかお披露目いたします♪それから、2月は、東京のとっても素敵なショップ様のイベントに出品いたします!近日中に、HPにイベント特設ページを作りますね!

フランス買付け日記*パリあちこち#1

paris_5103.jpg

 フランス買付け、順調なスタートです♪先週はおなじみヴァンヴ蚤の市とクリニャンクールを梯子し、きゃ~と可愛いアンティークを見つけました。スリーピングアイのおしゃまなミニョネット、ガーリー&ロマンティックなピンク色コミュニオン少女のボックスセット、リボン刺繍のカーテンなどなど、眺める度にニマニマと頬が緩んでしまいます!お世話になっている大好きなディーラーさんたちと、Bonne Annee !の新年の挨拶を交わしつつ、2019年、幸先の良いスタートに、ほっと安心する思いでもあります。

paris_5056.jpg

 仕入れに夢中で写真を撮り忘れてしまったので、今日の画像は、またもや昨年撮っていた画像になってしまいましたが、これから、蚤の市やブロカント、フランス街角の写真などと合わせながら、フランス買付け日記をちょこちょこと綴っていきますね。もちろん、引き続き、毎月の新着更新も同時進行で進めて参ります♪

フランスの田舎からパリへ。

france_4881b.jpg

 9月に入り、パリはもうすっかり秋の気配です。夏の田舎での買付けから帰宅し、パリやパリ郊外にもブロカントが少しずつ戻ってきて、さてさて、私もお仕事を頑張らねばと、先週は大好きなディーラーさんから、とても美しいリボン刺繍のアンティークエプロンやローズ布花がたっぷりのお帽子などを仕入れさせて頂きました!2018年度も半分が終わり、今年度は、新しい仕入先を開拓できたことが何といっても良かったなと思っています。2018年度後半も、ガーリーで可愛いアンティークから、大人っぽいシックなアンティークまで、たくさん仕入れることができますよう頑張って参りますね!

フランスの田舎にアンティークを買付けに。

1951_4888.jpg

 フランスの田舎でのアンティーク買付から帰宅しました。いつものごとく慌しい出発と、現地ではwifiにつながり難く、長い間ブログを更新できないままとなってしまいましたが、無事にたくさんのアンティークを買付けることができました!買い付けましたアンティークの一部は、これから「フランスの田舎で見つけたアンティーク」と題しまして販売予定です♪
 訪れたブロカントの1つでは、5年ほど前にアンティークドールを数体仕入れさせて頂いたマダムが、私のことを覚えていて下さったという嬉しい出来事も。今回は、キュートなテディベアを頂いてきました。このブロカントでは、ロココリボンの可愛いボネが数秒差でソールドにという失態もありましたが、購入されたマダムのお顔をちらり見ると、「あれ?どこかで見かけたことがあるような・・・?」と思いつつ、なかなかどこだか思い出せずにいたところ、あ!っと、以前パリ郊外のブロカントで仕入れさせて頂いたことのあるマダムであると確信。ということは、きっと、この可愛いボネは彼女のスタンドで販売されるはずだと、早速ヴァカンス明けのブロカントのスケジュールを確認して、しめしめと思う私なのでした。