空中線書局/アトリエ空中線

空中線書局/アトリエ空中線


アンデパンダン=自主独立な画家・作家たちのインディペンデント出版作品集を独創的な造本で制作しつづけて高い評価を得る間奈美子主宰の〈アトリエ空中線〉。その孤高の活動の10周年を記念して、全制作書籍・約120点を一挙展覧します。書籍それ自体が作品であり表現である自主制作出版のあり方を模索しつつ、作家たちと向き合いながら、編集・造本・組版・印刷製本設計・配本まで一貫して取り組み、内容にふさわしい本の形を一つひとつ送り出してきたアトリエの全貌が初めて明かされます。書籍の大量生産・消費に抗して19世紀末イギリスに始まった「プライベート・プレス」運動、20世紀現代美術の世界で生まれた「リーヴル・オブジェ」「アーティスト・ブック」、詩集と詩画集を中心に大正期以来、脈々と受け継がれた「限定版」の伝統……。そして現在、雑貨趣味的「リトル・プレス」やサブカル的「ZINE」の本づくりが注目を集めるなか、人文創作の精髄としての自主出版活動「インディペンデント・プレス」を問いかけます。

アトリエ空中線10周年記念展 インディペンデント・プレスの展開

11月13日(金) - 12月6日(日) 13:00-19:00開廊 (最終日17:00閉廊)
入場無料・会期中無休 於:ポスターハリスギャラリー

画家・作家たちのインディペンデント出版作品集を制作してきた
〈アトリエ空中線〉の10年の活動を全制作書籍・約120点と
7人の作家作品の展示で初めて紹介。

作品出品作家:町野好昭、山本じん、山下陽子、大沼ショージ、村松桂、華雪、日乃ケンジュ


オープニング・レセプション 11月13日(金)19:00~

ギャラリートーク 「書物のインディーズの夢の継承」

第1回 11月21日(土)18:00~19:30
〈ダダ/シュルレアリスムからパンク/ニューウェイブへ〉
あがた森魚(音楽家)・間奈美子・郡淳一郎

第2回 11月28日(土) 18:00~19:30
〈瀧口修造と『地球創造説』『稲妻捕り』「草子」「煌文庫」〉
山田耕一(書肆山田 創設者)・間奈美子・郡淳一郎

kuchusen_20091130143204.jpg

恵文社一乗寺店で購入した『詩神のノブ』。